【報告】クリスマスローズの質問事項にお応えします(横山直樹先生より)

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
横山直樹先生

2月16日(土)~28日(木)に開催していた「クリスマスローズ展」へのご来場、 そして展示会場で実施していた質問コーナーへのご応募もありがとうございました。 全ての質問に関して横山先生から回答をいただきましたのでご紹介いたします。

自宅でもクリスマスローズ生活を楽しんでくださいね♪

2/17

鳥取県
女性
60代
庭に植えています。6年くらい前に植え、花も良く咲いてくれます。
古い葉が生い茂り、花が見えにくいのですが、葉はどのくらい(全部)切ってもよいでしょうか?
 
A:花が咲いているようでしたら、昨年度からの古い葉、秋口から冬に出た新葉は全て切ってしまって大丈夫です。葉の方に栄養分と水分が行ってしまうので、花が下の方で咲いたり、花の大きさが小さくなったり、数が少なくなる原因となります。
2/17 島根県
女性
70代
早咲きの種類はどれですか?
東館前の(山野草ゾーン)の種類は何といいますか?
節分の頃にも「盛り」と咲いていましたよ。
 
A: クリスマスローズのニゲルH.nigerという原種そのものか、ニゲルとの交雑種(スノーホワイトなど)は比較的早く花を咲かせます。
そのほかは、株の性質によって大きく変わりますので、育ててみて、早く開花するものを見つけ必要があります。
また古い葉を早め(12月以降)に切ると開花も早まります。
2/18 鳥取県
女性
60代
クリスマスローズは好きで家でも育てています。花が咲き出しましたが、葉は取ってもいいですか?
 
A:花が咲いているようでしたら、昨年度からの古い葉、秋口から冬に出た新葉は全て切ってしまって大丈夫です。
葉の方に栄養分と水分が行ってしまうので、花が下の方で咲いたり、花の大きさが小さくなったり、数が少なくなる原因となります。
2/21 鳥取県
女性
60代
鉢植のものにみんな葉っぱがないですが、全部取ってしまった方がよいのですか?
何だかさびしい感じになってしまうので、何枚か残してしまいます。
 
A:花が咲いているようでしたら、昨年度からの古い葉、秋口から冬に出た新葉は全て切ってしまって大丈夫です。
葉の方に栄養分と水分が行ってしまうので、花が下の方で咲いたり、花の大きさが小さくなったり、数が少なくなる原因となります。もちろん寂しいようでしたら、切る必要はありません。
2/23 滋賀県
女性
60代
夏になるといつもダメにしてしまっていたのですが、木の下に置いてみて何年か持ちましたが、花が咲くのが少ないです。
いっぱい咲かせるには、どうすればいいですか?
 
A:秋と春にしっかりと肥料をやっていますでしょうか?
適正な時期に肥料を与える必要があります。
また植えっぱなしにすると詰まりして花が咲かなくなることが多々あります。
3年に1度くらいは植え替えをしましょう。
2/24 鳥取県
女性
50代
ベランダでの夏場の管理の仕方を教えてください。水やり等。
 
A:まず遮光ネットは日数です。鉢の中の温度が上がり過ぎないように直射日光を避けるようにして下さい。
ちょっと大きめの鉢を重ねる手法(二重鉢)もあります。
水やりは夏場の間は朝か夕方にやるようにします。
日中にやるとお湯になってしまうので、避けましょう。
またどうしても根腐れをしてしまうという方は、1回の水やりの量を減らして、マメにやるとよいかもしません。
2/24 鳥取県
女性
50代
ゴールドとオーレアの違い、定義を教えてください。
 
A:オーレア系の中にゴールドという品種群があります。
オーレア系は葉緑素が黄色に変化した品種群のことで、黄色だけでなく今は改良が進んで様々な色合いのオーレア系が
生まれつつあります。
2/24 鳥取県
女性
70代
鉢植の葉が切ってあるのですが、家の庭のは葉っぱがたくさんですが、
切った方がよいのですか?
 
A:花が咲いているようでしたら、昨年度からの古い葉、秋口から冬に出た新葉は全て切ってしまって大丈夫です。
葉の方に栄養分と水分が行ってしまうので、花が下の方で咲いたり、花の大きさが小さくなったり、数が少なくなる原因となります。
2/24 鳥取県
男性
70代
この名(クリスマスローズ)の由来は?
 
A:ドイツの言い伝えに由来します。「昔ある貧しい女の子がクリスマスの時期に教会にお祈りをしに行く際、
何も供えるための持ち得るものがなかった。
その道すがら、陽だまりの雪が解けた場所に、白いクリスマスローズが咲いていて、それを教会に供えた。
まるで冬に咲くバラのようなお花だった」それ以来、クリスマスローズという名前が定着しました。
2/24 島根県
女性
60代
クリスマスローズの葉先が枯れてしまうことがあります。
肥料のやり過ぎでしょうか?
 
A:一概には言えませんが、まずクリスマスローズの調子が悪いと思ったら、鉢から株を抜いて根の様子をチェックしてください。
冬に葉先が茶色くなるのは自然のことかもしれません。
また新葉がそうなる場合は、何らかの菌にやられている可能性があります。
肥料のやり過ぎも根腐れの原因につながります。
2/27 鳥取県
女性
80代
どうしたらこんなにきれいに育つのでしょうか。
 
A:よく観察して、まめに植え替えて、適正な場所で管理しください。
お花が咲き終わったら早めに切ることも株をしっかりと成長させるためには有効です。それと秋と春に緩効性の肥料を与えてください。

 

TOP